加東フィルハーモニー管弦楽団
楽団概要



12th concert

写真: 第12回定期演奏会


** 練習日時・場所 **

毎月第2・4土曜日午前9時45分(合奏開始)〜12時00分
場所:  やしろ国際学習塾L.O.C.ホールにて [付近地図]
練習日の詳細はこちらを参照下さい


** 参加費用について **

(講座受講料) 12,000円/半年間
(前期4月〜9月/後期10月〜3月 各期前納)

その他に 加東文化振興財団友の会への入会
(年会費1,500円)をお願いしています

また、定期演奏会開催時にはチケットノルマがあります
(500円×10枚程度)

平成21年8月より庶務費用として
年額1,000円の団費を申し受けています

(理由について)
当団の場合、加東市の関連団体が運営する音楽教室という
形態を取っているため団員は「受講料」を支払っているのですが、
これまで「団費」というものがありませんでした。
そのため演奏会に花束・祝電等を頂戴した他団体様への返礼や
団員の慶弔などにかかる交際費、当サイトの運営費
(サーバー費用・ドメイン使用料)などは受講料からの支出が出来ないため、
これまでは合宿や懇親会・演奏会打ち上げ時の剰余金で賄ってきました。
しかしながら最近は交際費用の増加で合宿等の剰余金だけでは
賄えなくなってきましたので、平成21年8月より社会人を対象に
年間1000円を団費として集めることになりました。
(サイト管理人)



** ごあいさつ **


本日は皆様をお迎えして、加東フィルハーモニー管弦楽団
第12回定期演奏会を開催できることを団員一同心より感謝しております。
我々は、音楽大学の出身者、小中高大の吹奏楽部や
オーケストラ部で活躍した人、バイオリン教室で初めて楽器に触った人など
様々なキャリアを持ち、幅広い年齢層で構成されています。
それぞれ団員は、学業、子育て、仕事、家庭など様々な事情を抱えながらも、
継続して団の活動に参画できているのは、吉澤先生が言う
”陽気な団体”が有する優しさがある所以でしょうか。
我々は2000年11月にデビューしてから、少しずつハードルを
上げながらクラシックの名曲に挑戦しております。
2007年の定期演奏会にて、シューベルト作曲の交響曲第8番・
第1楽章を演奏しましたが、今回は4楽章全てを演奏します。
この交響曲はシューマンが「天国的な長さ」と評し「グレート」と呼ばれ
有名ですが、それほど演奏される回数が多くないことや、吉澤先生が
大好きな曲であること等が今回の選曲の理由の一つになっています。
そろそろ開演時間です。”このまちには 加東フィルがある”を胸に精一杯
演奏します。”天国的な長さ”とは?を問いながら最後までお楽しみください。

加東フィルハーモニー管弦楽団
団員一同

令和元年11月10日 第12回定期演奏会パンフレットより


過去のあいさつ文はこちら


KPO-top